サッカー選手になるにはセンスが重要

サッカーとは世界を代表するスポーツの一つでもあり、子供たちにとっては、大きくなったらサッカー選手になりたと夢をもって励んでいる子供たちも多く、夢を与えるスポーツとして人気、知名度の高いスポーツです。

サッカーとは、1チーム11人で構成された2チームが一つのボールを手以外の主に足を使って移動させ、相手のゴールにボールを入れ得点を競い合うという競技スポーツの一つです。

試合終了の際に、より多くボールをゴールし得点を獲得した方のチームが勝利となります。

サッカーの正式名称は、アソシエーションフットボールと言い、多くの国ではフットボールという名称で呼ばれている事が多いです。

パスやシュートなどのプレーは、ほとんどが足で行われますが、空中に浮いたボールの場合は、頭を使用してプレーします。

手や腕をを使ったり手にボールが触れた場合は反則となってしまいます。ゴールの前には、相手チームのボールを入れさせないようにと阻止する役目のゴールキーパーというプレーヤーが待機しています。

ゴールキーパーは必ず1チームに1人置かなければならないルールとなっており、ゴールキーパーだけが手でボールを触る事を許されています。

サッカーのポジションは、(GK)ゴールキーパー、(DF)ディフェンダー(CB・センターバック、SB・サイドバック、SW・スウィーパー)、(MF)ミッドフィールダー(DMF・ディフェンスシブミッドフィルダー、WB・ウイングバック、CMF・セントラルミッドフィルダー、SMF・サイドミッドフィルダー、OMF・オフェンシブミッドフィルダー)、(FW)フォワード(WG・ウイング、ST・セカンドトップ、CF・センターフォワード)の4つの種類に分けられています。

ゴールキーパーの役割は、相手チームのボールをゴールさせないように阻止する事が主になります。ディフェンダーの役割も、相手チームのボールをゴールに入れさせないように阻止する事が主な役割となっています。

ミッドフィルダーの役割は、相手チームからボールを奪い、フォワードにボールを繋げるようにパスを回す事が主な役割となっています。

フォワードは、相手チームのゴールにボールを入れ得点を獲得する事が主な役割となっています。

このように、それぞれのポジションに割だてられた選手達が、それぞれの役割を果たす事でチームが一丸となって試合をスムーズに行う事が出来るのです。

また、ゴールキーパー以外のポジションについている選手達は、ゴールキーパーと区別する為に一般的に全員がフィールドプレイヤーと呼ばれています。

一般的に試合中は、選手達はそれぞれの決められたポジションで試合を行いますが、選手の移動に関する制限というのがほとんどありませんので、いつでもポジションを入れ替えする事が出来るようになっています。

もちろんポジションの入れ替えは、選手達の独断で行う事は出来ず、チームの監督の指示によっって行われます。

また、一般的な試合時間は前半45分後半45分ハーフタイム15分という構成で進められており、試合時間内に勝負がつかない場合には引き分けにする場合や、延長戦を行う場合、またはペナルティーキックという方法で勝敗を決める場合があります。

サッカーは世界を代表する競技スポーツですので、やったことはなくてもサッカーを知らないと言う方はあまりいないと思います。

それぐらい多くの方に人気や知名度のあるスポーツなのです。観戦する際はとても熱くなってしまう熱狂的なサポーターの方も多く、それだけ皆に愛されているスポーツだと言う事が分かります。